Jさんは、銀行にお勤めの若い女性である。たぶん仕事もマジメにやっているんだろうなあという雰囲気の、明るいお嬢さんである。しかし、施術者はこのJさんから驚きの告白を受けることになる。

それは、お尻洗浄が終わり、今から性感マッサージというときに起きた。

「あの・・・私、処女なんです。」

「え!?処女に・・・アナルマッサージ???なんでまた?」声には出さなかったが、驚きと当惑を禁じえなかった。

PeachFineを利用してくれる女性は、皆セックスの経験がある。別に一人一人確かめたわけではないが、間違いない事実である。ところが、今自分の目の前に全裸でうつ伏せになっている若い女性は、処女だと告白している。正直、初めての事態で頭が混乱する施術者。と同時に、別にJさんの初めての男になるわけでもないのに、妙な責任感を感じ始めている自分が少しおかしかった。

聞いてみると、今まで男性とのお付き合いはあり、セックスの機会もあったが、いざ挿入となると膣の痛みが大きく、どうしてもできないのだという。そこで、膣がダメならアナルは・・・ということでPeachFineにコンタクトされたとのこと。

いささか講義めいて恐縮だが、アナルで感じる方法は、二つある。一つは、肛門の表面と入り口付近を刺激する方法、もう一つは直腸の内壁を通して膣奥にあるポルチオを間接的に刺激する方法である。

肛門の表面と入り口付近への刺激による快感は、比較的多くの女性が経験しているが、これのみでオーガズム(イク状態)に到達できる人は少ない。

他方、ポルチオへの刺激は、開発が必要で誰でもすぐに経験できるというものではないが、ひとたび経験すると強烈な快感を伴ってオーガズムに到達するようになる。女性が経験しうる最高の性的快感だという説もある。

Jさんの場合、肛門表面と入り口付近への刺激は当然可能である。しかし、ポルチオに関しては、普通のセックスの経験がそもそもない女性のアナルからポルチオを刺激するということが可能なのだろうかという疑問がある。施術者にとっても未知の領域である。しかし、せっかくPeachFineの門を叩いてくれた以上、なんとかアナルで逝かないまでも気持ちよくなってもらいたいと妙な侠気を感じて張り切ってしまった。

まず、クンニから始めてみた。Jさんに仰向けになって両脚を大きく左右に開いてもらった。ヘアーをかき分け、クリトリスを舌先で探り当てる。両手で優しくクリトリスの包皮を軽く剥き、むき出しになった陰核を舌先で上下に繰り返し刺激する。施術者のクンニに特別なところはない。要は根気よく機械的に顔全体を動かして刺激し続けることである。百数十回目でJさんは下半身をビクン、ビクンと大きく痙攣させて最初のオーガズムに到達した。

次に、ポルチオはどうなっているだろう?一休みした後、仰向けの状態で軽く両脚を開いてもらい、ローションを塗った右手の中指を少しずつJさんの膣に挿入してみた。医師が触診するような感じである。やはり中指一本でさえ、膣に深く挿入することは無理な様子だった。出産を経験していない女性の場合、性的に興奮してもポルチオが膣奥から出口に向かって降りてくるということがないので、ポルチオは膣奥にとどまったままである。したがって、指でポルチオを軽く刺激するということも断念せざるをえなかった。

残された手段は—というと大げさだが—クリトリスを刺激しつつアナルマッサージすることによって気持ちよくなっていただくということである。早速うつ伏せから膝を立ててお尻だけ高く上げるポーズをとってもらった。右手の指にローションを付け、クリトリスを優しくマッサージする。と同時に、左手にもローションを付け、露わになったJさんの淡いピンク色のきれいな肛門の表面を愛撫してみる。気持ちよさそうにため息を漏らすJさん。ここまではいい感じである。

アナル担当の左手の中指を少しずつゆっくりと中へ入れて行く。Jさんの肛門はキュッと固く閉じており、中指をきつく締め付ける。しかし、なんとか第一関節まで入った。少しづつ前後に動かす。第二関節もクリア。ため息は喘ぎ声に変わっている。やがて施術者の左手の中指は根元までスッポリとJさんのアナルに呑み込まれた。そのままの状態で指を少し動かしてみる。中指の腹で直腸のお腹側の内壁を探り、ポルチオのコリコリした突起を探り当てようと試みたが、残念ながらこれは分からなかった。

指を1本加えて人差し指も同時にJさんのアナルに侵入させてみる。「ちょっと痛いです。」とJさん。2本目の人差し指は第一関節までが限界だった・・・

アナルビーズやアナルディルドの使用は、まだ時期早尚と判断した。処女のお尻の穴にアナルビーズやアナルディルドを押し込むのはいくらなんでもという、変な遠慮もあった。

施術後に感想を聞いてみると、「お尻はまだ違和感があるけど、なんとくなく気持ち良さもわかるような気もした。」とのこと。正直なところ、施術者も普通のセックス経験のない女性がアナルでどこまで逝けるようになるのかはわからない。また機会があれば施術させていただきたいと伝えて別れた。
お問合せは、下のフォームからお気軽にどうぞ。